子育て中の助産師が母乳育児の基礎知識を書いていきます。母乳育児中に飲んだホッと一息つけるハーブティーも紹介します!

助産師と母乳育児 

母乳育児の話

赤ちゃんが「寝ない」「泣く」時に母乳不足を感じるママが多い。

更新日:

 

こんにちは!助産師のはるです(*´▽`*)

退院してすぐ、「母乳で大丈夫、足りているよ。」と言われたものの、いざ自宅で過ごすと不安がつきものです。

「母乳が足りてないのかな?」と思う原因は、赤ちゃんが「寝ない」「泣く」ということだと思います。

どれくらい飲んでいるのかわからない母乳は、実際に足りているのか、足りていないのか、なかなかわからないのが現実です。

よくわからない育児で、小さな赤ちゃんが泣いてしまう・・・母乳が足りているのかもよくわからない、自分もよく眠れていないし・・・と産後のママは不安の塊なんですよね(;'∀')

そんなママに、母乳が足りているサインをお伝えしたいと思います!少しでも不安が減りますように(*^▽^*)

 

スポンサーリンク

広告

 

ミルクを追加するのはどんな時?

圧倒的に「母乳が足りていないと思ったから」という場合が多いです。

1か月健診のママにあった時、母乳のみで退院したはずなのにミルクを追加していました。お話を伺ったら「全然寝ないんです!母も夫も足りていないんじゃない?というので、夜間だけミルクを使ったりしています。」

と話していました。

でも、実際には体重も良く増えているし、ミルクがなくてもその赤ちゃんは成長していくだろうといった印象です。

 

やはり、赤ちゃんが「よく泣く」「なかなか寝ない」ということは、ママにとって「足りてない」のかな?と思う大きな要因であります。

 

 

自信がない、不安な気持ちから「とりあえず足しておこう」

どれだけ飲んだかわからない母乳。

自宅には産院にあったような体重計はないから、どれくらい増えているかもわからないし、「足した方がいいじゃない?」という周りの声もミルクを追加する要因のひとつです。

 

ひとまず足しておけば、「1日これくらいのミルクは飲んでいる」とわかるし、なんとなくの安心に繋がりますよね。

 

なので助産師としては、ママの不安な気持ちを受け止め、育児不安に対する支援も重要なんですよね。

 

 

 

周りからの助言でミルクを追加する

最近の傾向として思うのは、出産したママが勉強したり教わった育児の方法と、実際に支援することが多い実母世代の行ってきた育児が違うということです。

そこで食い違いが起きて、ストレスを感じてしまったり不要なミルクを追加している場合もあります。

 

実母世代に多いのは「ミルク育児」ミルクが流行り母乳よりもあげていた割合が多いということです。

ミルクは母乳よりも腹持ちが良い(消化が悪い)ので、母乳に比べて長く寝てくれる傾向にあります。

ミルクはどの会社も「母乳に近づけて作りました」と記載されていますよね?

 

結局は、母乳が一番赤ちゃんの栄養に優れているということなんだと思います。

 

なので、孫学級のように、孫を迎える世代にも今の育児の方法というのも伝達していくのも必要なんだと思います。

 

 

育児書と全然違う赤ちゃんの睡眠

「3時間ごとの授乳」、「赤ちゃんは1日のほとんどを寝て過ごします」

など、育児書には理想的な育児の様子が描かれています。

実際出産してみたらどうでしょう?夜なんて全然寝ないし、1日のほとんどを寝て過ごしますなんて嘘つきー!!!と思うのではないでしょうか?(筆者は思ましたよw)

 

実際赤ちゃんの睡眠もそれぞれ。よく眠る子もいれば、なかなか眠らない子もいるのです(;´・ω・)

よく眠らない子がみんな母乳が足りていないかと言えば、そういうわけではありません。

 

ちょこちょこ眠っては、ちょこちょこおっぱいを飲む赤ちゃんもいます。

ぐっすり眠って、起きてからしっかりとおっぱいを飲む赤ちゃんもいます。

 

 

母乳はミルクに比べて半分のスピードで消化してしまいます。

3時間もたず、1時間半で起きて飲みたがるのも不思議ではありません。

 

 

 

【母乳が足りているサインとはどんなもの?】

では、自信をもって母乳が足りているんだ!思ってもらえるために、母乳が十分に飲めているサインを伝えようと思います。

 

①赤ちゃんが1日8回以上母乳を飲む

授乳は8回以上あげるようにしましょう。赤ちゃんははじめ早いリズムで吸いますが、母乳が出てくるとゆっくりなリズムに変わります。

赤ちゃんがゴクゴクと飲みこむ音が聞こえる時はよく飲めているサインです。

 

おっぱいは授乳後に張っている感じがなくなり、楽になるというのも飲めているサインの1つです(張りを感じずに育児をしている人がいますので全員に当てはまるわけではないですが・・・)。

 

 

 

②1日おしっこが6~8回でる。

授乳のたびにおむつがおしっこで濡れているという場合は、良く飲めているでしょう。赤ちゃんにとって母乳という水分を取り入れないと、おしっこも出ませんからね。

ウンチの場合は3~8回を目安に。

 

 

③1日平均18~30gの割合で体重が増えている。

これは、自宅で行うことはなかなか難しいですので、母乳外来や市区町村の訪問指導などの際に確認してもらいましょう。

退院したときの体重から、1日あたり18~30gくらいで増えていれば母乳がしっかりと飲めている証拠です。

 

数字で見ることが一番安心するかもしれません。不安な場合は出産した先の産院や母乳外来のやっている助産院などに相談してみましょう!!

 

 

 

生後3か月くらいまでは、赤ちゃんの満腹中枢が未発達です。

くるもの拒まずで追加したミルクを飲んでしまう赤ちゃんもいます。そんな様子を見たら、「やっぱり足りてなかったんだ・・・」と思ってしまうかもしれませんが、なかなか眠らない原因の一つに「飲みすぎている」という場合もあります!!

 

ミルクの追加を考えた際は、一度相談してからでも遅くはありませんよ!!

広告

広告

ホッと一息つける美味しいハーブティー

育児でバタバタしている中、一瞬でもホッと一息つける時間は大切ですよね。私はそんな時間にハーブティーを飲んでいました。そして、どうせ飲むなら母乳に良くて、飲みやすく「美味しい!」と思えるものを選んでいました。育児中の方の参考になれば嬉しいです(*´▽`*)

ノンカフェインたんぽぽ茶ブレンド(ティーライフ)

ティーライフのノンカフェインたんぽぽ茶は本当に飲みやすい!!美味しい!!ティーバックも香ばしいかおりで、飲みやすいさ香り共に◎。お茶の香ばしさの決め手は黒豆!!たんぽぽの根は鉄。ビタミンB2などを含み、母乳育児を徹底サポート!他にもミネラルたっぷりの醗酵ギンネムも入っており、ママに限らずお子さんでも飲みやすく嬉しいブレンドになっています!もちろんノンカフェイン!母乳育児を頑張るママの強い味方!

ほほえみママミルクブレンド(ほほえみキラリ)

 2017年7月に発売されたほほえみキラリの母乳育児専用ハーブティー「ほほえみママミルクブレンド」。作り方も簡単で、とってもおいしい!!香りはハーブティーといった感じですが、味はクセがなく飲みやすいハーブティーに仕上がっているのです!ホットでも冷やしてもおいしく飲めるハーブティーだと思います。簡単、おいしい、続けやすいの3拍子揃った飲みやすさ抜群です!お値段も改訂されて買いやすくなりました!

ミルクアップブレンド(AMOMA)

妊娠出産育児のハーブティーやアロマオイルなどその他関連商品が沢山あることで有名のAMOMA。ミルクアップブレンドのミルクア満足度は91.7%。ミルクアップブレンドは口コミが多く、母乳分泌を実感している人も多数いらっしゃるようです。香りや味は独特なハーブティー!好きな人は好きだし、慣れれば美味しく飲めるという感じです!定期便だと送料無料なのが嬉しいです!

-母乳育児の話
-, ,

Copyright© 助産師と母乳育児  , 2019 All Rights Reserved.