子育て中の現役助産師が、本当に飲みやすいと思った母乳育児のハーブティーをランキング形式で紹介しつつ、母乳育児の基礎知識を書いていきます!

助産師と母乳育児 飲みやすいハーブティー

母乳育児の話

授乳はいつまで続けていればいいの?おっぱいを終わらせるタイミング

更新日:

 

はる
こんにちは!助産師のはるです(*´▽`*)授乳はいつまで続けていたらいいの?と聞かれることがあるので私なりの終わらせるタイミングと注意点をお伝えしたいと思います(*^▽^*)

スポンサーリンク

広告

 

産後で入院しているママからよく聞かれる質問の1つに、「どれくらいの時間授乳していたらいいんですか?」ということがあります。

時間で区切る人もいれば、赤ちゃんが離すまで飲ませるという人もいますね(∩´∀`)∩

私は赤ちゃんが離すまで飲ませる方がいいと思っていますので、その理由を書いてきますね(*´▽`*)

 

 

 

赤ちゃんが離すまで授乳を続ける方が良い理由

①乳房の中が空に近づくことで、母乳が作られやすくなる!

母乳が出ない?母乳の量を増やす近道は母乳を出して「空」にすることだった。いう記事に書いたのですが、おっぱいの中が空に近づくと、新しい母乳が作られて量が増えていきます。

母乳の量を増やしていくという意味で、時間で区切っておっぱいの中にまだ母乳が残っている状態にするより、赤ちゃんが離すまで授乳して空の状態に近づける方がいいと思います。

 

 

 

②後半に出る母乳の方がカロリーが高い!

吸い始めの母乳よりも後半に出てくる母乳(後乳)の方がカロリーが高いのです。

参考記事:始めの方と終わりの方の母乳ではカロリーが違う!「前乳」と「後乳」の話。

新生児から数か月の乳児は体重がどんどん増えていく時期です。

飲んでいるのに体重が思うように増えていかないという場合は後乳を飲ませてみるように意識しているといいかもしれません。

 

赤ちゃんの体重を増やす目的でも、おっぱいを離すまであげていた方が後乳を飲んでくれる可能性が高いのでいいと思います(∩´∀`)∩

 

 

 

 

 

授乳の方法

いつまで授乳するの?の答えは簡単です!赤ちゃんがおっぱいを離すまで授乳し、離したら反対側の授乳をする。

反対側の授乳が終わったら一回の授乳が終了!といった感じです。

 

 

おっぱいを離すまで授乳していたら、反対側のおっぱいを飲まないで寝てしまったーーー!ということが度々あります(;'∀')

そういった場合はどのようにしたらいいのか書いておきます!

 

 

片方で終わってしまった場合はどうしたらいい?

①次の授乳は反対側から授乳する

例えば右のおっぱいをあげて、左のおっぱいをあげようと思ったら寝てしまった。いったん授乳はやめて寝かせておき、次授乳するときは左側から授乳するという方法です。

左側は長い間授乳できなくなってしまうので、前回授乳できなかった左側を優先して授乳しようというものです。

先に授乳する方が沢山飲んでもらえる可能性が高いですからね!

 

 

②起こして飲ませる

赤ちゃんを飲ませて反対側も飲ませるというのも方法の1つです。

一回の授乳で左右とも飲んでくれる方が理想的ではあるので、おむつを替えたり足の裏をさすってみたりして起こして反対側も飲ませてみましょう。

 

うまく起きてくれる時もあれば、爆睡で起きてくれない時もあるので起きないな・・・と思ったときは①か次に紹介する③の方法にしてみてください!

 

 

③飲まなかった方を搾乳する

飲んでくれないとおっぱいが張っていて次の授乳まで待つのは辛い!という場合は飲まなかった方を搾乳するのもOKです。

おっぱいが空に近づくほど作られていくので、搾乳して少し出すだけで新鮮な母乳が作られるようになり、母乳量も増えていく可能性が高いです。

 

 

 

いつまでも吸ったままの赤ちゃんはどうしたらいい?

中には長く飲んでいる赤ちゃんもいますが、明らかに吸っていない、舌で遊んでいるだけという感じで「もう本気で吸ってないでしょ?!」という状態の場合は赤ちゃんの口から優しく外してあげましょう!

自分の指の先端を赤ちゃんの口に入れて圧を抜いてから外すと、おっぱいに負担がかからなくていいですよ!

 

 

 

はる
以上!いつまで授乳していたらいいのか、おっぱいを終わらせるタイミングについて書きました!参考になれば幸いです!

 

広告

広告

本当に飲みやすい母乳育児ハーブティーランキング

 母乳育児ハーブティーは続けることが大切!だけど、ハーブティーはあまり得意じゃない…、味は苦手だけど「母乳のため」と思って飲んでいるという方も多いはず!絶賛子育て中で助産師である私が、母乳のことも書きつつ、おいしい!飲みやすい!続けやすい!ハーブティーを紹介します!!

ノンカフェインたんぽぽ茶ブレンド(ティーライフ)

ティーライフのノンカフェインたんぽぽ茶は本当に飲みやすい!!美味しい!!ティーバックも香ばしいかおりで、飲みやすいさ香り共に◎。お茶の香ばしさの決め手は黒豆!!たんぽぽの根は鉄。ビタミンB2などを含み、母乳育児を徹底サポート!他にもミネラルたっぷりの醗酵ギンネムも入っており、ママに限らずお子さんでも飲みやすく嬉しいブレンドになっています!もちろんノンカフェイン!母乳育児を頑張るママの強い味方!

ほほえみママミルクブレンド(ほほえみキラリ)

 2017年7月に発売されたほほえみキラリの母乳育児専用ハーブティー「ほほえみママミルクブレンド」。作り方も簡単で、とってもおいしい!!香りはハーブティーといった感じですが、味はクセがなく飲みやすいハーブティーに仕上がっているのです!ホットでも冷やしてもおいしく飲めるハーブティーだと思います。簡単、おいしい、続けやすいの3拍子揃った飲みやすさ抜群です!お値段も改訂されて買いやすくなりました!

ミルクアップブレンド(AMOMA)

妊娠出産育児のハーブティーやアロマオイルなどその他関連商品が沢山あることで有名のAMOMA。ミルクアップブレンドのミルクア満足度は91.7%。ミルクアップブレンドは口コミが多く、母乳分泌を実感している人も多数いらっしゃるようです。香りや味は独特なハーブティー!好きな人は好きだし、慣れれば美味しく飲めるという感じです!定期便だと送料無料なのが嬉しいです!

-母乳育児の話
-, , ,

Copyright© 助産師と母乳育児 飲みやすいハーブティー , 2019 All Rights Reserved.